外壁塗装の色の選び方について

外壁塗装色を選ぶ際に注意したいポイント

1.初めに色の系統を決める

まず最初に、塗装色の系統を決めましょう。ほとんどの業者ではサンプルが用意されていますが、そこから選ぼうとすると種類が多すぎてなかなか決まりません。

そのため、「ベージュ系」や「イエロー系」など、大まかな系統を決めておくとスムーズです。

2.ワンランク落ち着いた色を選ぶ

サンプルで気に入った色があったら、その色ではなくワンランク落ち着いた色を選択します。

なぜなら、色には面積効果というものがあり、実際に塗装してみると印象が異なるからです。

特に面積が大きい外壁となれば明度や彩度が強調されやすいので、「ちょっと地味かな」と感じるくらいでちょうど良いでしょう。

3.周囲の環境とのバランスを考える

自分好みの色を選ぶのは良いことですが、だからといって周囲の建物や景観と全く異なる色を選んでしまうと、自宅だけ浮いてしまいます。

そのため、近隣の家や外景を客観的にイメージし、そこに馴染む色を選ぶのがおすすめです。

また、自宅が森林に囲まれているような場合は、色味を押さえることでより景観のバランスが良くなります。

4.色選びは屋外が基本になる

色というのは、光源色によっても見え方が異なるものです。

例えば、同じ色でも屋外の太陽の下で見たときと、屋内の蛍光灯の下で見たときでは印象が全く違います。
外壁塗装の場合は屋外になりますので、同じ屋外で色選びをするのがおすすめです。

とはいえ、直射日光が当たると極端になりますので、自然な光がある場所で色選びをしましょう。

5.色数をできるだけ少なくする

「アクセントをつけて個性的にしたい!」と考える人もいますが、あまり多くの色をしようすると統一感が無くなり、落ち着かない印象になってしまいます。

そのため、選ぶ色は2~3色に抑えるのがおすすめです。

そうしても色数が多くなってしまうようであれば、同系色で濃淡を出すようにすると、違和感なく仕上げることができます。

富山で気候に負けない塗り対応ができる施工店3選

耐久性の高い塗装を
限られた予算内で実現

北陸ホームサービス
塗り回数 4回
自社施工
定休日 年中無休

価格で勝負しない
要望に見合ったプラン提案

Re住まいる
塗り回数 3回
自社施工
定休日 月曜日

創業45年以上を誇る
老舗の専門店

YOSHIHISA
塗り回数 4回
自社施工
定休日 日曜日