外壁塗装の保証年数について

外壁の塗替え時期や耐用年数、保証期間についてご紹介します。

外壁の塗替え時期と耐用年数について

皆さんはどれくらいの期間で外壁の塗り替えを検討していますか?
外壁は屋外になりますから、雨や砂ぼこり、紫外線などを毎日浴びている状態です。

こういった要素から家を守ってくれるのが「塗料」になるのですが、塗料に含まれる塗膜にも寿命があるため、家を美しく保つには定期的なメンテナンスが必要になります。

メンテナンスの目安としては、10年間隔で行っていくのが一般的です。

新築であれば10年後、そうでない場合も10年ごとに塗替えをすれば、家の耐用年数が伸びるといわれています。

とはいえ、10年間放置して良いというわけではありません。
塗装方法や塗料の種類によっては10年持たないことも多いので、定期的に外壁をチェックするのがおすすめです。

塗膜の劣化経緯

艶が消える

色あせる

表面が粉っぽくなる

ひび割れやコケの発生

艶が消える

塗膜が剥がれる

塗膜が剥がれるまで放っておくと家の内部まで影響する可能性があるので、理想としてはひび割れが起きる前に塗替えを検討したいところ。

また、塗料の耐用年数は塗料の種類や塗装方法によって異なります。

特に外壁の場合は、塗料よりも下地処理が重要になるため、工事を依頼する際は下地処理の内容もしっかりと確認しましょう。

塗料ごとの主な耐用年数
  • アクリル:4~7年
  • ウレタン:6~10年
  • シリコン:8~15年
  • フッ素:15~20年

保証期間をどう考えるべきか

最近では、施工完了後に5~10年の保証期間を設けている業者が増えています。

保証があるということはそれだけ施工に自信があるということですし、万が一不具合があった場合も無償で対応してもらえるので安心です。

しかし、ここで注意したいのが保証の内容です。

中には10年以上の保証期間を設けている業者もありますが、保証されるのは「塗膜を対象にした不具合のみ」というのがほとんど。

しかも、著しい亀裂や剥離などは保証対象外となるケースも多いので、「結局自費で修理した」という人も少なくありません。

富山で気候に負けない塗り対応ができる施工店3選

耐久性の高い塗装を
限られた予算内で実現

北陸ホームサービス
塗り回数 4回
自社施工
定休日 年中無休

価格で勝負しない
要望に見合ったプラン提案

Re住まいる
塗り回数 3回
自社施工
定休日 月曜日

創業45年以上を誇る
老舗の専門店

YOSHIHISA
塗り回数 4回
自社施工
定休日 日曜日